千葉銀行におまとめローンは存在する?活用ポイントは?

結論から申し上げますと、千葉銀行には単独のおまとめローンというものは存在しません。

しかしながら、千葉銀行の場合、実質おまとめローンおすすめとして活用できるローンでしたら存在します。
それは、

「ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>」

というローンです。

この千葉銀行のローンを利用できるのは、群馬県や栃木県以外の都県の中で、さらに限られた地域だけになるという大幅な制約がj加わるうえに、事業性資金としては使用できないという手痛いデメリットというのは存在します。

しかし、金融事故を起こしていない健全な状態の方なら保証人なしで、最大500万円までローンとして借り入れることが可能で、ローンとしての金額が少なければ、月の返済額は自動的にわずか2000円というとても良い条件です。

このような内容でおまとめローンの代わりが務まるというのは本当に朗報ですね。
(ただし、申し込みをする際に、千葉銀行の口座をお持ちでない方は作ってから申込したほうがいいです。口座がないと手続きが長くなりますので。)

ですので、おまとめローンとして活用できるローンをお探しで、かつ関東地方の上記の地域に該当するお方は、この千葉銀行のカードローンを申し込んでみることをおススメします。
ただし、ご利用は計画的に。
延滞しすぎて、金融事故を起こしてしまってはせっかくのおまとめローンとしての活用も意味をなさなくなります。
その点は注意しておきましょう。

自動契約機と電話を併用した申し込みは早い、吉祥寺のレイクは駅前

吉祥寺もまたレイクの自動契約機が駅近くにあります。
吉祥寺駅の南口には正面にケンタッキーがあります。
その2階がレイク自動契約機になります。
利用時間を確認しておきましょう。

・自動契約機
平日土曜日 8時45分から24時
日曜日祝日 8時45分から22時
毎月第3日曜日は8時45分から19時

・レイク専用ATM
平日土曜日 7時30分から24時
日曜日祝日 7時30分から22時
毎月第3日曜日は7時30分から20時

自動契約機は確かに便利ではありますが、レイクの申し込み方法の中で電話の活用によってもっと早くなることをご存知でしょうか。
実は電話申し込みは審査が非常に早く結果がわかりますので、自動契約機を申し込みの手段として使うのではなく契約の手段として利用することができます。

電話申し込みはフリーダイヤルとなります。
自動音声になりますが「はじめてのお申込み」を選択するとオペーレーターに電話がつながります。
ここで審査が行われます。
オペレーターが基本属性について質問をしますので正確に答えましょう。
審査結果はその場で伝えられますが、審査に時間がかかる場合折り返しの電話となります。
レイク申し込みに時間がかかるとは現在や過去に債務の履歴がある場合に長くなる傾向にあります。

電話での審査結果がわかり可決であればそのまま自動契約機に向かい契約をすることができます。
自動契約機ではない契約方法もありますが、自動契約機と電話申し込みを併用した手段は最も早いものとなるでしょう。

学資保険の確定申告など、一時所得について

学資保険の保険料の払い込みを終え、やがて満期を迎えると、多額の満期保険金(学資金)や祝い金を受け取ることができます。学資保険の加入者の大半は、受け取ったお金を子供の進学時や入学後に必要な費用の支払いにあてますが、中には満期に受け取ったお金の一部を残しておいたほうが良い場合があります。

学資保険の満期保険金や祝い金の一部を残しておいたほうが良い理由は、保険金を受け取った年の翌年に確定申告をしなければならない可能性があるからです。学資保険の契約者と保険金受取人を同一にした場合、受け取る満期保険金は税法上、一時所得として算入させなければなりません。一時所得は、競馬などの公営ギャンブルで得た配当金や、懸賞や一般参加番組に参加して獲得した賞金などが算入の対象となっており、得た収入からその収入を得るために支出した費用と特別控除額を差し引き、そこからさらに2分の1を乗じた金額が所得金額となります。学資保険の場合、収入を得る際に必要となった経費は、満期保険金を受け取るまでに払い込んだ保険料の総額が該当します。

確定申告をしなければならないかどうかは、一時所得以外の所得金額を計算し、それらをすべて合算した総所得金額から、損益通算および繰越控除を適用し、さらに所得控除や特別控除を適用させた結果得られる課税所得金額がどうなるかで決まります。学資保険の加入者は、保険金を受け取る段階でも給与所得者であることが多いため、給与所得以外の所得金額の合計が20万円を超えるかどうかが基準となります。もし、給与所得以外の所得の総額が20万円以下であれば税務署に申告をする必要はなくなりますが、税制上の特例を適用した場合はたとえ所得税がゼロとなったとしても確定申告を行わなければなりません。
保険についてはこちら

プロミスを利用したときの営業時間の印象に関する体験談

どうしても急いでお金が必要だったので、知り合いに借金を頼みましたが、いつも借金を頼んでいるので今回は断られてしまいました。
給料日もまだ先で、貯金も全然なかったので困っていましたが、思い切って消費者金融を利用することにしました。
消費者金融を利用するのは、初めての経験だったので、どこに申し込むか迷いましたが、即日カードローンやランキングサイトでも人気のプロミスに申し込むことにしました。
平日の昼は仕事がある関係で、プロミスの店舗に行くのは難しかったので、自動契約機を利用することにしました。
プロミスの自動契約機ならば、営業時間も22時までだったので、仕事が終わってからでも十分手続きができると思ったからです。
少しでも手続きをスムーズにおこなうために、あらかじめパソコンから申し込んでおき審査を受けておきました。
在籍確認の審査もありましたが、会社名を名乗らず担当者の個人名で電話をかけてきたので、周りにキャッシングに申し込むことがばれずにすみました。
在籍確認の電話での質問も簡単なものばかりだったので、あっという間に終わりました。
無事に審査に通り自動契約機で手続きをおこないましたが、営業時間が長かったおかげで、その日のうちにカードを発行してもらえ、ATMからキャッシングできて本当に助かりました。
これからもお金が必要な時は、プロミスでキャッシングを利用するつもりですが、無理なく返済できる範囲で借入れをしたいです。

プロミスで返済するためのノウハウ

プロミスの返済の仕方は様々な方法があります。いつでもどこからでも返済できるインターネット返済、返済日に自動的に引き落とされる口座振替、ATMからの返済、店頭窓口、銀行振込と多岐にわたります。

インターネット返済はパソコンやケータイから行なえます。メンテナンス時間以外は、時間や曜日を気にする必要がないので、思い立ったらすぐに返済することが可能です。また金融機関の営業時間も気にする必要はありません。インターネット返済をする場合は、指定されているインターネットバンクに口座を開設している必要があります。

口座振替は返済日になると自動で引き落とされるため、返済日を覚えておくのが苦手な人やお知らせメールが来ても忙しくてすぐに行動できず忘れてしまいがちだという人には心強い返済方法です。申し込みは会員ページからできるので、簡単に登録することができます。利用している銀行ごとに利用条件が違うので、それぞれの銀行で必ず確認しましょう。

ATMはプロミスのものと提携しているものの2種類あります。プロミスATMの利用には手数料が掛かりませんが、提携ATMだと手数料がかかってしまうので、計画的に利用する必要があります。しかし、ポイントサービスを利用すれば利用手数料を無料にすることができるので、是非活用しましょう。

時間があるという人は店頭窓口に行ってもいいでしょう。店舗まで行くと細かかな支払いにも対応してくれるうえに、手数料も掛かりません。銀行振込も可能ですが、こちらは手数料がかかり、ポイントサービスを利用することができません。

銀行カードローンを利用した体験談

長年住んでいた家のいたる所が壊れてしまい、リフォームが必要になりました。
リフォーム業者に見積もりをだしてもらったら、予想以上に費用がかかるので頭を抱えてしまいました。
貯金もそんなに多くなかったので、どうしてもリーフォーム費用が足りなかったです。
一緒に住んでいる親にだしてもらおうかとも思ったんですが、親は年金生活なのであまり負担をかけたくなかったです。
いろいろ悩んだすえに、金融業者のカードローン比較を利用することにしました。
カードローンなら何度でも追加で融資ができるので、リフォームの資金を借りた後で家電を購入する資金が必要な時は追加で借りることができると考えたからです。
どこの金融業者のカードローンに申込むか迷いましたが、消費者金融は金利が高く返済に苦労すると思ったので、銀行カードローンに申込むことにしました。
銀行カードローンならば限度額も高く金利が低いので、余裕をもって借入や返済ができると考えたからです。
銀行カードローンでも金利や限度額が大きく違うので、ランキングサイトを利用してじっくり比較して選ぶことにしました。
銀行カードローンは、審査が厳しいと聞いていたので、申し込む時は誤字脱字がないように何度も確認してから提出しました。
今までにキャッシングやクレジットカードの支払遅延は一度もなかったので、無事に審査に通ることができ融資を受けることができました。
銀行カードローンは、今持っているキャッシュカードにカードローン機能を加えることができるので、何枚もカードを持つ必要がなく便利でした。